1. >
  2. 新聞は特に必要ないのかも?

新聞は特に必要ないのかも?

新聞で私が目にするページは、裏から数えて数ページと、一面、テレビ欄くらいだけ、というのが本当のところです。なぜ裏からなのか、と言いますと、身近な記事がたくさんあり、ちょっとしたところから、目上の方と話を合わせられたり、少し和やかな雰囲気になれたりします。また、一面には大きなニュースがあるため、少し目を通します。テレビ欄も今ではテレビにもあるため、じっくりとは見ませんが、見る一部となっています。

今は親が新聞代を払っていますが、私の時代になったら、やめるかもしれません、というのが本音ですね。

新聞を広げ、知見を広げる

最近になってやっと新聞を読む習慣が身についてきました。

大変お恥ずかしい限りですが、私は1年前から、テレビ欄以外も読むようになりました。

きっかけは社説の書き写しノートを購入したことです。

継続的な趣味を欲していた私には、毎日毎日、決まった文字数の文章を書き写すというのが、ピッタリでした。

旬なニュースや季節の移り変わりを見事に言語化してくれているので、変化に敏感になれた気がします。

継続は力なり。

今日も知見を広げるべく、新聞を広げては、せっせと書き写しています。

新聞読まない世代=スマホ世代

スマホが無かった頃は新聞をとっていて、たまに読む程度だったのですが、スマホを持ってからはわざわざかさばる、紙の新聞を取らなくても、ネットをつければいくらでも情報が入手出来ると知って、新聞を取らなくなってしまいました。

しかも、今では無料アプリで新聞の内容が全部読めるようになってしまったので、わざわざお金を払って新聞をとるなんてしないです。

たまに掃除に昔とっていた新聞を使うくらいなので、本当に新聞の必要性を感じなくなりました。

新聞なくてもニュースで充分

ニュースは普段見ていますし、料金もかかるので、新聞は取っていません。ですが、受験の時は朝ニュースを見る時間もなく、朝方だと新聞の方が情報が早いので、軽く目を通していました。

ニュースは脚色されやすい部分も多く、コメンテーターが的外れな発言をしたり等、的確な情報が入ってこないこともあります。ですが、新聞でも情報が本当のものかどうかはわかりませんし、文字を読むのに目が疲れてくる。という事もあるので、自分でしっかり判断出来るのであればニュースで充分かと思います。

ページのトップへ戻る