1. >
  2. 新聞配達員の辛いところ:起床時間が早いUU54

新聞配達員の辛いところ:起床時間が早いUU54

新聞配達の仕事はとにかく朝が早いです。

朝、と呼べないような時間帯に起きて、活動をすることになります。

配達自体は早朝からなのですが、準備があるのです。

チラシの封入とか申し渡し事項の確認などがあったりしますから、起きて仕事場に行けばすぐに配達、となるわけではないのです。

ですから、それこそ朝は午前1時頃に起床、となることが多いです。

朝というよりは深夜の時間帯ですから、かなり大変な仕事になるのは確かでしょう。

新聞配達員の辛いところ:雨でも風でも配達はあるIU

雨や風、雪、雷であろうとも仕事はすることになります。

配達をすることは中止にならないわけですから、非常に大変な仕事になります。

そこがキツイ仕事ではありますが、配達自体は特に考えることはないです。

もちろん、配達は大変ではありますがルートは基本的には決まっているのです。

ですから、仕事自体はそんなに小難しいわけではないです。

雨の日には作業も増えます。

新聞自体をビニールで包む必要があるからです。

そうした仕事もあり、雨の日は特に仕事がむしろ増えます。

新聞配達員の辛いところ:休みが少ないHI

新聞は朝晩と毎日あります。

つまりは、休みが極端に少ない仕事でもあるのです。

朝早く、休みも少ないとなりますとかなり大変ではありますが、それでも様々なメリットがあるので意外と人気があります。

給料は意外と高いですし、住み込みで働けるところが殆どです。

休みは少ないですが自由時間は意外と多く確保できますから、色々なことに挑戦もできます。

それと少ないですが配達員の為の休みの日、というのを各社、設定しています。

実はそれが休刊日です。

新聞配達員の辛いところ:営業活動のノルマQV

絶対にすべての配達員にあるわけではないですが、営業のノルマもあります。

つまりは、新しい顧客を開拓するように言われるわけです。

仕事としては当然であり、そして、これは歩合でお給料を貰うことができます。

数万円から或いは十数万円も月の給料に加算できる場合もあり、一生懸命営業をこなす配達員もいます。

当然ですが配達をしている時にはできないので別の時間に営業はすることになります。

大変ですが、契約の分だけ給料が高くなります。

ページのトップへ戻る